江戸川区が電子入札に帝国データバンク電子証明書を採用(帝国データバンク) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.16(月)

江戸川区が電子入札に帝国データバンク電子証明書を採用(帝国データバンク)

製品・サービス・業界動向 業界動向

 株式会社帝国データバンクは、東京都江戸川区が実施する電子入札に同社の電子証明書を採用したと発表した。同区では、11月から発注する工事の一部に電子入札を導入することを決定しており、2003年3月までは試行運用期間とし、本格運用は2003年4月以降を予定している。今回同区が電子入札の認証において、同区入札専用の電子証明書ではなく帝国データバンクの電子証明書を利用するのは、入札参加者が用途別に複数の種類の電子証明書を用意するという煩雑さをなくし、電子入札への参入をスムーズに行えるようにするため。

http://www.tdb.co.jp/whatsnew/k020501.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×