Apache Tomcatに複数の脆弱性が見つかる | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.04.24(火)

Apache Tomcatに複数の脆弱性が見つかる

製品・サービス・業界動向 業界動向

 SecurePointのBUGTRAQによると、Apache Tomcat v3.23とv3.24に、複数の脆弱性が発見された。
 一つ目は、特殊な入力を備えたsource.jspの使用によりディレクトリのリストを閲覧出来る問題。
 二つ目は、テストページへのリクエストを送信することで、ディレクトリ情報が開示される問題。
 三つ目は、デフォルト状態でインストールされている場合、特別な入力無しに、WEBROOTを記述することでディレクトリ情報が開示される問題。
 いずれの問題も、ポート80ではなくポート8080で利用可能となっており、Webルートのパス情報などが取得出来る。この問題によって取得した情報を他の攻撃に利用される可能性があるだろう。

SecurePoint
Vulnerability in Apache Tomcat v3.23 & v3.24
http://msgs.securepoint.com/cgi-bin/get/bugtraq0205/224.html

Vulnerability in Apache Tomcat v3.23 & v3.24 (part 2)
http://msgs.securepoint.com/cgi-bin/get/bugtraq0205/214.html

Vulnerability in Apache Tomcat v3.23 & v3.24 (part 3)
http://msgs.securepoint.com/cgi-bin/get/bugtraq0205/210.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×