ファイル共有ソフトを介して拡大する「Benjamin」(日本エフ・セキュア) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.09.24(月)

ファイル共有ソフトを介して拡大する「Benjamin」(日本エフ・セキュア)

 日本エフ・セキュア株式会社は5月21日、Kazaaのネットワークよって拡大しているワーム「Benjamin」について警告を発した。  このワームはKazaaによるP2Pネットワークを介して拡大していく。このワームに感染すると、次のようなメッセージを表示する。

製品・サービス・業界動向 業界動向
 日本エフ・セキュア株式会社は5月21日、Kazaaのネットワークよって拡大しているワーム「Benjamin」について警告を発した。
 このワームはKazaaによるP2Pネットワークを介して拡大していく。このワームに感染すると、次のようなメッセージを表示する。

Access error#03A:94574:Invalid pointer operation
File possibly corrupted.

 このメッセージを表示した後、感染ユーザのハードディスクに数百個のファイルを作成し、それらをKazaaユーザと共有できる状態にする。ここで作成されているファイルはKazaa自身のコピーであり、それぞれには他のユーザの興味をひくような名称が与えられる。以下に一例を示す。

"Deep Purple - The Very Best of Deep Purple - Smoke on The Water"
"Metallica - Until it sleeps"
"Star wars Episode 1 - divx-full-downloader"

 これらのファイル名は全部で200種類以上が確認されている。なお、ファイルサイズはさまざまで、200〜800KB程度であり拡張子は「.exe」「.src」であるとのこと。
 また、同ワームは「Benjamin.xww.de」という広告ページをポップアップさせることから、エフ・セキュア社のウイルス研究対策所長は「ページへのアクセス数に基づき金銭を受け取る仕組みがあれば、金儲けのためにウイルスを作成したと言うことも考えられる」と述べている。

 なお、エフ・セキュア社では5月20日付でこのワークへと対応済とのこと。

リリース:
http://www.f-secure.co.jp/200205211/
ウイルス詳細:
http://www.f-secure.co.jp/v-descs/v-descs2/benjamin.htm


《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×