大手都市銀行の行う金融業界のWebシステムの問題点に関するレポート発表 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.09.24(月)

大手都市銀行の行う金融業界のWebシステムの問題点に関するレポート発表

 Scan Incident Report は、昨日、「金融業界のWebシステム管理の惨状」と題するレポートを発表した。

製品・サービス・業界動向 業界動向
 Scan Incident Report は、昨日、「金融業界のWebシステム管理の惨状」と題するレポートを発表した。

 レポートを発表したのは、セキュリティ問題の調査、啓蒙活動を行っているoffice 氏。このレポートでは、WEB サービスを行っている都市銀行をとりあげ、具体的な問題点などを紹介している。
 今回のレポートでは、三井住友銀行の WEB の検索システムに無償の高性能検索 CGI「Namazu」が使用されていることをとりあげている。
 レポートによれば、「Namazu」のバージョン管理が適切に行われておらず、そのため、すでに解消ずみの脆弱性が存在していたという。
 また、「Namazu」を使用していることや意図的に著作者表記を削除していることにも触れ、無償配布を行っている著作者に対するマナーの欠如を指摘している。

 脆弱性そのものに大きな危険性はなかったものの、バージョン管理の不適切さや無償配布 CGI の著作権表示部分を削除するなどの行為は、今後、改善が求められる。

くわしくは、Scan Incident Report をご覧ください。
http://shop.vagabond.co.jp/m-sir01.shtml

《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×