HTTP Proxyで、TCPアプリケーションを利用したDoS攻撃が可能になる問題 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.06.25(月)

HTTP Proxyで、TCPアプリケーションを利用したDoS攻撃が可能になる問題

製品・サービス・業界動向 業界動向

 ベンダー各社が発売しているHTTP Proxyソフトで、TCPアプリケーションを利用したDoS攻撃が可能になる問題が発見された。
 HTTP ProxyはHTTP接続をデフォルトでサポートしている。そのため、セキュリティを重視した接続では、TSLやSSLが利用される。しかし、Proxyサービスがアプリケーション層のデータをチェックしないため、TSLやSSLを使用している環境においても、TCPパケットが通過する。これにより、HTTPコネクトをチェックするアンチウイルスソフトやフィルタリングソフトに、脆弱性が発生することになる。この問題を利用することで、攻撃者はProxyサービスへの再帰的な接続を行なうことにより、サービスの否認を引き起こすことが可能になってしまう。
 なお、現在脆弱性が確認されているのは、Check Point、トレンドマイクロ、Ciscoの製品。

CERTによる警告
Multiple vendors' HTTP proxy default configurations allow arbitrary
TCP connections via HTTP CONNECT method
http://www.kb.cert.org/vuls/id/150227

《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×