SAML仕様ソリューションを開発するベンダへのロイヤリティを免除(米RSA Security) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.02.18(日)

SAML仕様ソリューションを開発するベンダへのロイヤリティを免除(米RSA Security)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

 米RSA Securityは4月29日、同社が所有する特許のうち、OASIS Security Assertion Markup Language(SAML)仕様のアプリケーション開発に使われる二つの特許のロイヤリティを免除すると発表した。SAML仕様は、セキュアなシングルサインオンをWEBサイトと企業にまたがるアプリケーション間で行う技術。今回、RSA Securityが特許技術のロイヤリティを免除したのは、SAML仕様技術の実装がより早く進むことを願ってとのこと。また、同社は、SAML仕様を同社製品ラインに組み込む予定。

http://www.rsasecurity.com/japan/news/data/200204291.html

<本記事はセキュリティニュースからの転載です>
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×