カパノヴァ社がF-Secureアンチウイルス Linux版を採用(エフ・セキュア) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.06.21(木)

カパノヴァ社がF-Secureアンチウイルス Linux版を採用(エフ・セキュア)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

 エフ・セキュア社とフィンランドのカパノヴァ社は、ウェブホテルを利用した電子メールのウイルスチェックを行うソフトウェアとして、F-Secureアンチウイルス Linux版を使用する契約を締結した。カパノヴァ社は、サーバを管理するサービスセンターを運営している企業。今回の契約によりカパノヴァ社の顧客は、エフ・セキュア社の常に最新ウイルス定義ファイルや最新のバージョンが自動的に配布され、電子メールが届く前にウイルスチェックサービスを利用することが可能となる。

http://www.f-secure.co.jp/200204241/
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×