ネットワークセキュリティ脆弱性データベースの公開を発表、最新情報を日本語で無償提供(ネットワークリスクマネジメント協会、早稲田大学) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.21(土)

ネットワークセキュリティ脆弱性データベースの公開を発表、最新情報を日本語で無償提供(ネットワークリスクマネジメント協会、早稲田大学)

製品・サービス・業界動向 業界動向

 特定非営利活動法人ネットワークリスクマネジメント協会(NRA)と早稲田大学は、民間企業の協力を得て、ワールドワイドのネットワークセキュリティ脆弱性情報を日本語化するとともにデータベース化し無償で公開すると発表した。この「ネットワークセキュリティ脆弱性データベース」は、インターネット セキュリティ システムズ(ISS)のX-Forceセキュリティ研究開発チームが調査、公開しているデータベースを基にしたもので、一般企業や個人ユーザを含め誰でも利用可能。当面は新たに発見される脆弱性の日本語化に取り組み、順次、発見済みの脆弱性や緊急アラートの日本語化を進めていく。公開開始は6月1日の予定。

http://www.nra-npo.jp/info2.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×