NetscapeとMozillaにローカルファイルが読み出せるセキュリティホール | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.08.21(火)

NetscapeとMozillaにローカルファイルが読み出せるセキュリティホール

製品・サービス・業界動向 業界動向

 Netscape6.1以上とMozilla0.9.7以上のバージョンに、ローカルファイルが閲覧出来るという問題が発見された。この問題は、XMLHTTPコンポーネントに存在するセキュリティホールを利用することで、リモートからローカルファイル転送出来るという物。
 このセキュリティホールを発見したのは、イスラエルのGreyMagic Softwareで、同社は昨年の12月にInternet Explorerでも同様の問題を発見している。マイクロソフトでは、この問題に対するパッチを提供済みだ。

 GreyMagic社によると、この問題をNetscapeに通達しているが、Netscapeからの連絡は現在の所無いという。なお、Netscapeでは、危険性の高いバグを発見した物に対し1,000ドルを支払うという「Bug Bounty Program」を実施しているものの、この件に対し何の返事もないことに、GreyMagic社はNetscapeの対応の悪さを糾弾している。

□ 関連情報:

GreyMagic Security Advisory GM#001-NS
Reading local files in Netscape 6 and Mozilla.
http://sec.greymagic.com/adv/gm001-ns/

SecuriTeam.com
Reading Local Files in Netscape 6 and Mozilla
http://www.securiteam.com/securitynews/5JP000A76K.html

Netscape
Bug Bounty Program
http://www.netscape.com/security/bugbounty.html

《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×