2002年第1四半期[1月〜3月]の不正アクセス届出状況を発表(情報処理振興事業協会) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.02.19(月)

2002年第1四半期[1月〜3月]の不正アクセス届出状況を発表(情報処理振興事業協会)

製品・サービス・業界動向 業界動向

 情報処理振興事業協会(IPA)は4月24日、2002年第1四半期[1月〜3月]の不正アクセス届出データを集計し、発表した。届出件数は合計239件となり、前年同期の届出件数62件に対して約4倍近くまで急増。そのうち、不正なアクセス形跡を発見した「アクセス形跡(未遂)」の届出が150件あり、全体の約6割を占める割合となっている。これらの届出はファイアウォール等により防御したため、ログなどに形跡は残っているが実害のないケース。実被害があった届出は75件。被害原因のトップは、「古いバージョン、パッチ未導入など」で合計15件、次いで「設定の不備」によるものが12件であった。

http://www.ipa.go.jp/security/crack_report/20020424/02q1.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×