Citrix Secure GatewayとNFuse ClassicがRSA SecureID Ready認定取得(米RSA Security) | ScanNetSecurity
2020.11.24(火)

Citrix Secure GatewayとNFuse ClassicがRSA SecureID Ready認定取得(米RSA Security)

 米RSA Security社は4月10日、Citrix Systems社との協力関係を深め、両社の顧客がセキュアなアプリケーションを、インターネット経由でデバイスを問わず提供していくと発表した。また、Citrix Secure GatewayとNFuse Classicのポータル・ソフトウェアを、「RSA Secured

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
 米RSA Security社は4月10日、Citrix Systems社との協力関係を深め、両社の顧客がセキュアなアプリケーションを、インターネット経由でデバイスを問わず提供していくと発表した。また、Citrix Secure GatewayとNFuse Classicのポータル・ソフトウェアを、「RSA Secured RSA SecureID Ready」に認定した。Citrix Secure Gatewayは、デバイスや接続の制限を受けることなく、セキュアなアクセスが可能なインターネット・ゲートウェイ・ソフトウェア。NFuse Classicは、Windows UNIXやJavaアプリケーションを活用したWebポータル利用を実現するソフトウェア。今回、RSA SecureID技術を導入したことにより、Citrix環境へのアクセスが、RSA SecureIDによる強力な二要素認証で保護されることとなった。

http://www.rsasecurity.com/japan/news/data/200204101.html

<本記事はセキュリティニュースからの転載です>
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★
★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★

2020年10月15日(木)~11月30日(月) の間 ScanNetSecurity 創刊22周年記念価格で提供。

×