公開鍵暗号対応テキスト暗号化CGIのWindows版の1.03を公開(FreedomSoft) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.12.12(水)

公開鍵暗号対応テキスト暗号化CGIのWindows版の1.03を公開(FreedomSoft)

 FreedomSoftは4月18日、TextProtector for Windows(TP-WIN)の1.03を公開した。TextProtectorは、ブラウザから利用できる公開鍵暗号対応テキスト暗号化CGI。今回の1.03では、暗号化処理時に最後の1文字を暗号化しない問題を解決した。従来のTP-WEB2ともデータにも互換

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
 FreedomSoftは4月18日、TextProtector for Windows(TP-WIN)の1.03を公開した。TextProtectorは、ブラウザから利用できる公開鍵暗号対応テキスト暗号化CGI。今回の1.03では、暗号化処理時に最後の1文字を暗号化しない問題を解決した。従来のTP-WEB2ともデータにも互換性があるため、ブラウザから暗号化したデータは、このソフトで復号化することができる。また、このプログラムは、VisualBasicのランタイムファイルを必要としない。なお、TP-WINで作成できる公開鍵の強度は、96,128,256,512,1024ビットから選ぶことができるが、TP-WEB2で利用できる強度は、96,128ビット。両者で暗号文の交換を行う場合は、作成する公開鍵は96または128ビットを利用する必要がある。

http://www.freedomsoft.net/products/tpwin/index.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊20年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×