公開鍵暗号対応テキスト暗号化CGIのWindows版の1.03を公開(FreedomSoft) | ScanNetSecurity
2022.12.01(木)

公開鍵暗号対応テキスト暗号化CGIのWindows版の1.03を公開(FreedomSoft)

 FreedomSoftは4月18日、TextProtector for Windows(TP-WIN)の1.03を公開した。TextProtectorは、ブラウザから利用できる公開鍵暗号対応テキスト暗号化CGI。今回の1.03では、暗号化処理時に最後の1文字を暗号化しない問題を解決した。従来のTP-WEB2ともデータにも互換

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
 FreedomSoftは4月18日、TextProtector for Windows(TP-WIN)の1.03を公開した。TextProtectorは、ブラウザから利用できる公開鍵暗号対応テキスト暗号化CGI。今回の1.03では、暗号化処理時に最後の1文字を暗号化しない問題を解決した。従来のTP-WEB2ともデータにも互換性があるため、ブラウザから暗号化したデータは、このソフトで復号化することができる。また、このプログラムは、VisualBasicのランタイムファイルを必要としない。なお、TP-WINで作成できる公開鍵の強度は、96,128,256,512,1024ビットから選ぶことができるが、TP-WEB2で利用できる強度は、96,128ビット。両者で暗号文の交換を行う場合は、作成する公開鍵は96または128ビットを利用する必要がある。

http://www.freedomsoft.net/products/tpwin/index.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×