国内で被害急増中の「WORM_KLEZ.E」 感染警報 VAC-2に引き上げ(トレンドマイクロ) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.06.22(金)

国内で被害急増中の「WORM_KLEZ.E」 感染警報 VAC-2に引き上げ(トレンドマイクロ)

製品・サービス・業界動向 業界動向

 トレンドマイクロ株式会社は4月16日、「WORM_KLEZ.E(クレズ.E)」の国内感染被害報告が急増したことを受け、ウイルス警報をVAC-2に引き上げて警告した。
 4月16日9:00の時点で、国内の感染被害件数は累計で712件。うち、4月以降は390件を占め、被害が急増しているとのこと。同ウイルスは、自身をコピーしたウイルス付きメールを送信する際、ウイルス感染者のアドレスとは限らず、差出人を詐称するという特徴を持つ。このウイルスはシステムの日付が奇数月に発病し、txt、docなどの拡張子を持つファイルを上書きして破壊する。また、ウイルス対策ソフトを動作しなくなるようにしたり、ウイルス検索ができなくなるように試みる破壊活動を行う。
 トレンドマイクロでは、「WORM_KLEZ.E」に対して専用対策Webを開設し、駆除ツールの無償提供を行っている。

「WORM_KLEZ.E」専用Web
http://www.trendmicro.co.jp/klez/
リリース
http://www.trendmicro.co.jp/virusinfo/news2002/worm_klez_e.asp
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×