国内で被害急増中の「WORM_KLEZ.E」 感染警報 VAC-2に引き上げ(トレンドマイクロ) | ScanNetSecurity
2022.12.10(土)

国内で被害急増中の「WORM_KLEZ.E」 感染警報 VAC-2に引き上げ(トレンドマイクロ)

 トレンドマイクロ株式会社は4月16日、「WORM_KLEZ.E(クレズ.E)」の国内感染被害報告が急増したことを受け、ウイルス警報をVAC-2に引き上げて警告した。  4月16日9:00の時点で、国内の感染被害件数は累計で712件。うち、4月以降は390件を占め、被害が急増していると

製品・サービス・業界動向 業界動向
 トレンドマイクロ株式会社は4月16日、「WORM_KLEZ.E(クレズ.E)」の国内感染被害報告が急増したことを受け、ウイルス警報をVAC-2に引き上げて警告した。
 4月16日9:00の時点で、国内の感染被害件数は累計で712件。うち、4月以降は390件を占め、被害が急増しているとのこと。同ウイルスは、自身をコピーしたウイルス付きメールを送信する際、ウイルス感染者のアドレスとは限らず、差出人を詐称するという特徴を持つ。このウイルスはシステムの日付が奇数月に発病し、txt、docなどの拡張子を持つファイルを上書きして破壊する。また、ウイルス対策ソフトを動作しなくなるようにしたり、ウイルス検索ができなくなるように試みる破壊活動を行う。
 トレンドマイクロでは、「WORM_KLEZ.E」に対して専用対策Webを開設し、駆除ツールの無償提供を行っている。

「WORM_KLEZ.E」専用Web
http://www.trendmicro.co.jp/klez/
リリース
http://www.trendmicro.co.jp/virusinfo/news2002/worm_klez_e.asp
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×