ネットワーク障害監視ツールに対応した、レポーティングアプライアンスの新バージョンを発表(日本ネットワークアソシエイツ) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.06.19(火)

ネットワーク障害監視ツールに対応した、レポーティングアプライアンスの新バージョンを発表(日本ネットワークアソシエイツ)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

 日本ネットワークアソシエイツ株式会社は4月5日、同社製品の「Sniffer Distributed」対応レポーティングツールの新バージョン「Sniffer Watch4.1E」の出荷を開始したと発表した。
 「Sniffer Distributed」は、ネットワーク上を流れるデータをモニタリングすることにより、事前に障害を予知する監視ツール。「Sniffer Watch」は、このSniffer Distributedに対応するハードウェア一体型のアプライアンス製品であり、中・長期に渡りネットワークの監視れポーティングが可能となっている。今回初出荷開始される新バージョン「Sniffer Watch4.1E」ではユーザによるカスタマイズ可能な機能が大幅に拡大されており、障害の発見をさらに高めることができるようになっている。また、このユーザのカスタマイズ可能な機能が拡大されたことにより、管理者のニーズに最適なレポート参照、企業の組織形態や、部門別、業務別などと言った実情に即した管理・分析も可能となっている。

価格
Sniffer Watch4.1E:3,300,00円
Sniffer Watch4.1E バージョンアップ:225,000円

http://www.nai.com/japan/prelease/pr_02A.asp?pr=02/04/05
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

人気過去記事

もっと見る

人気過去記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×