SharePoint Portal Serverに対応した「ウイルスアラートWebパーツ」の無償提供を開始(トレンドマイクロ) | ScanNetSecurity
2021.06.15(火)

SharePoint Portal Serverに対応した「ウイルスアラートWebパーツ」の無償提供を開始(トレンドマイクロ)

 トレンドマイクロ株式会社は、3月27日、Microsoft SharePoint Portal Server 2001に組み込むことができる、「ウイルスアラートWebパーツ」を開発し、無償提供を開始することを発表した。「ウイルスアラートWebパーツ」を組み込むことで、イントラネットポータルサイト

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
 トレンドマイクロ株式会社は、3月27日、Microsoft SharePoint Portal Server 2001に組み込むことができる、「ウイルスアラートWebパーツ」を開発し、無償提供を開始することを発表した。「ウイルスアラートWebパーツ」を組み込むことで、イントラネットポータルサイトで、ウイルス警告や国内もしくは世界のウイルス被害ランキングなどの情報をリアルタイムで参照することができるようになる。同Webパーツは、マイクロソフトのWebパーツギャラリーからダウンロードできる。2002年第3四半期には、SharePoint Portal Server 2001に対応したウィルス対策ソフト「PortalProtect for Microsoft SharePoint Portal Server」(仮称)の発表も予定している。

http://www.trendmicro.co.jp/company/news/2002/news020326.asp
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×