PKI対応の次世代SSH Secure Shell for Workstations 日本語版バージョン3.1 を出荷開始(SSHコミュニケーションズ・セキュリティ) | ScanNetSecurity
2021.06.15(火)

PKI対応の次世代SSH Secure Shell for Workstations 日本語版バージョン3.1 を出荷開始(SSHコミュニケーションズ・セキュリティ)

 SSHコミュニケーションズ・セキュリティ株式会社は3月26日、暗号化ソフトウェアの最新版であるSSH Secure Shell for Workstations 3.1日本語版の出荷を開始した。今回のバージョンアップにより、SSH Certifier や RSA Security KeonR PKI などの認証局(CA)や、シュル

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
 SSHコミュニケーションズ・セキュリティ株式会社は3月26日、暗号化ソフトウェアの最新版であるSSH Secure Shell for Workstations 3.1日本語版の出荷を開始した。今回のバージョンアップにより、SSH Certifier や RSA Security KeonR PKI などの認証局(CA)や、シュルンベルジェ、ジェムプラス、Setec、アラジンなどのスマートカード・認証トークンとの相互運用性を確認し、セキュアファイル転送の速度及び機能を改善した。また、Microsoft Windows XP サーバへのサポートを追加し、ハイレベルの PKI 機能が Windowsサーバにも追加された。価格は、クライアント向けSSH Secure Shell for Workstationsが13,900円、Windowsサーバ向けSSH Secure Shell for Windows Servers が、89,900円 、Unixサーバ向けSSH Secure Shell for Serversが69,900円。

http://www.ipsec.co.jp/about/press/2002/2002-03-26.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×