世界最大の学術コンピューティング・ネットワーク・プロジェクト「LCG」に10GBitイーサネット技術で貢献(米Enterasys Networks) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.06.20(水)

世界最大の学術コンピューティング・ネットワーク・プロジェクト「LCG」に10GBitイーサネット技術で貢献(米Enterasys Networks)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

 米Enterasys Networks社は、世界最大の素粒子物理学センターであるCERNが進めている「LHC Computing Grid(LCG)」のイベントにおいて、同社のヨーロッパ ミドル・イースト&アフリカ社長ジェラード・ビビア氏が基調講演を実施したと発表した。同氏は、スポンサー評議会ミーティングにも出席し、同社が提供している10GBitイーサネット技術がインフラ基盤の構築にどのように役割を果たすのかについて説明した。LCGは、CERNが建設を進めている大規模ハドロン素粒子加速器(LHC)のデータ処理を目的として計画された世界最大の学術コンピューティング・ネットワーク・プロジェクト。将来的に年間11ペタバイトにのぼるデータ処理が期待され、現在最高速のプロセッサ20万基に相当する総処理能力を獲得する予定となっている

http://www.enterasys.co.jp/newsrls/020319_01.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

人気過去記事

もっと見る

人気過去記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×