「W32/MyLife.b@MM」危険度低から中へ(日本ネットワークアソシエイツ) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.02.23(金)

「W32/MyLife.b@MM」危険度低から中へ(日本ネットワークアソシエイツ)

製品・サービス・業界動向 業界動向

 日本ネットワークアソシエイツ株式会社はメールを大量に送信するウイルス「W32/MyLife.b@MM」の危険度を「中」に格上げしたと発表した。

 このウイルスは、米国時間21日に発見され、日本時間23日深夜には危険度「低」から「中」へ格上げされているワーム型ウイルス。件名は「bill
caricature」、添付ファイルは「cari.scr」となっている。Visual Basic 6で作成されており、添付ファイルを実行すると画像が表示される。その間にワームは自身をSystemフォルダにコピーし、Outlookのアドレス帳およびMSN メッセンジャーのコンタクトリストにあるすべての宛先にOutlookを使用して自身を送信する。

 「W32/MyLife.b@MM」に対し、日本ネットワークアソシエイツではすでにウイルス定義ファイル(DATファイル)4193をリリースし、対応している。


ウイルス詳細:
http://www.nai.com/japan/virusinfo/virM.asp?v=W32/MyLife.b@MM

対応定義ファイルダウンロードページ:
http://www.nai.com/japan/download/dat.asp
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×