「W32/Fbound.c@MM」への素早い対応、日本AVERTが多大な貢献(日本ネットワークアソシエイツ) | ScanNetSecurity
2021.06.21(月)

「W32/Fbound.c@MM」への素早い対応、日本AVERTが多大な貢献(日本ネットワークアソシエイツ)

 日本ネットワークアソシエイツ株式会社は3月15日、同社のアンチウイルス緊急対策チーム「AVERT」が、先日発見されたウイルス「W32/ Fbound.c@MM 」の沈静化に多大な貢献をしたことを発表した。  W32/ Fbound.c@MM は、日本語のメール件名を持ち、感染するとWindowsの

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
 日本ネットワークアソシエイツ株式会社は3月15日、同社のアンチウイルス緊急対策チーム「AVERT」が、先日発見されたウイルス「W32/Fbound.c@MM」の沈静化に多大な貢献をしたことを発表した。
 W32/Fbound.c@MMは、日本語のメール件名を持ち、感染するとWindowsのアドレス帳にある全てのアドレスに対して自身のコピーを送る、メール大量送信型ウイルス。
 同社では14日の11:50頃、ユーザからこのウイルスの調査依頼を受け、直ちに日本AVERTによってその解析がなされた。また、解析と同時に米国AVERTと緊密な連携を取ることにより、緊急ウイルス定義ファイル(Extra.dat)を作成したとのこと。
 結果として、13:30過ぎにはウイルス警報を発する事が可能となり、また、その直後にExtra.datの提供が可能となった。さらに、これらの情報は同社の発行する無料メールマガジン「携帯 Network Associates セキュリティニュース」および「Network Associates セキュリティニュース」によって、ユーザへと届けられた。その翌日15日にはWebストリーミングによる同ウイルスへの対策セミナーも開始され、広くユーザへと対策方法を訴えた。
 このような、AVERTの早急な対応により、14日には100件にものぼった同社への問い合わせが、翌15日にはかなり沈静化してきているとのこと。

http://www.nai.com/japan/prelease/pr_02A.asp?pr=02/03/18

《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×