「広域分散型暗号化ストレージサーバの研究開発」事業が経済産業省の委託対象事業に選定(オープンループ) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.06.22(金)

「広域分散型暗号化ストレージサーバの研究開発」事業が経済産業省の委託対象事業に選定(オープンループ)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

 株式会社オープンループは、同社が参加するコンソーシアムの研究開発事業が、経済産業省の平成13年度補正予算に係る即効型地域新生コンソーシアム研究開発事業(委託費)に選定されたと発表した。選定されたのは「広域分散型暗号化ストレージサーバの研究開発」で、重要な情報を4ヶ所以上の地理的に離れた場所に分散設置されたサーバに保管し、暗号技術によって統合的に管理することによって、火災・天災等によるデータの喪失や、不正な攻撃を防ぐことを目的としたもの。複数台のサーバを分散配置し情報を区切ってそれぞれのサーバに暗号化して記憶させ、必要な時に複数のサーバから取り出して復元するため、サーバを1台だけ入手してもデータから情報を取り出すことは困難となっている。なお、コンソーシアムは、同社の他、北海道大学など1財団法人1大学2会社によって構成されている。

http://www.openloop.co.jp/press/release/020318s.html

《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×