MacOS版Flash Player 6を使うと取り引き不能に陥る現象(ソニー銀行) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.10.22(日)

MacOS版Flash Player 6を使うと取り引き不能に陥る現象(ソニー銀行)

製品・サービス・業界動向 業界動向

 ソニー銀行で、MacOS版Flash Player 6を使うと取り引き不能に陥る現象が発生した。

 同行のWebサイトのトップページには、マクロメディアのFLASHが使われている。この問題は、3月14日に配布が始まったばかりのMacintosh版のFlash Player 6をインストールすると、Internet Explorer、Netscape Communicatorとも取引が出来なくなるという物。なお、Windows版に関しては同様の問題は出ていない。

Flash Player 6に関するご注意
http://moneykit.net/visitor/sc/scd/scdb0100zzzz.html

 同行が発表によると、現時点でこの問題を回避するには、FLASHをバージョン5にダウングレードする必要がある。しかし、すでにFLASH Player 5の配布は終了しているため、同行が独自にFLASH Player 5のダウンロードサービスを行っている。

 この問題において不都合が生じるのは利用者自身である。Webサイトのデザインを優先するためにFLASHを使用しているのだろうが、サービスに不具合が出てしまったのでは、明らかにWebサイトとしてのデザインミスとしか言いようがない。
 また、利用者の中には本当にFLASH Player 6を必要としている人もいるかもしれない。FLASH Playerのバージョンが上がることはすでに分かっていたことで、どのような問題が発生するかなど、十分なテストを行うべきだった。

 過去、オンラインバンキングサービスでは、東京三菱銀行の「東京三菱ダイレクト」においても、Internet Explorerのバージョンが6になったとき、サービスが利用できないという問題があった。
 その後、Internet Explorer 6でもサービスが利用できる様にはなったが、対応が完了するまでかなりの時間を要している。

東京三菱ダイレクト
http://direct.btm.co.jp/index2.htm

 当然、この場合も十分なテストを、事前に行うべきだったといえる。オンラインバンキングという非常に信頼性を必要とするサービスで、新バージョンのソフトに対する不具合がでるのは、サービスを構築する上での配慮が足りないと言われても仕方がない。今後は十分な検証を行った上でサービスの提供を行って頂きたい物である。

ソニー銀行
http://moneykit.net/

(詳しくはScan および Scan Daily EXpress 本誌をご覧ください)
http://shop.vagabond.co.jp/m-ssw01.shtml
http://shop.vagabond.co.jp/m-sdx01.shtml
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

Scan BASIC 会員限定記事

もっと見る

Scan BASIC 会員限定記事特集をもっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)

もっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

製品・サービス・業界動向 カテゴリの人気記事 MONTHLY ランキング

  1. 次世代FW+Sandbox+SIEM+SOCの管理体制が限界を迎えるとき~三年後を先取りするVectra Networks社製品とは

    次世代FW+Sandbox+SIEM+SOCの管理体制が限界を迎えるとき~三年後を先取りするVectra Networks社製品とは

  2. Raspberry PiにKali linuxをセット、「ホワイトハッカ育成ツール」発売(スペクトラム・テクノロジー)

    Raspberry PiにKali linuxをセット、「ホワイトハッカ育成ツール」発売(スペクトラム・テクノロジー)

  3. 自分の利用しているサーバの状況を確認する方法 不正中継確認

    自分の利用しているサーバの状況を確認する方法 不正中継確認

  4. 新アルゴリズムを開発、古い制御システムでもサイバー攻撃対策が可能に(日立)

  5. Apache Strutsの脆弱性リスクの有無を判断できるツールを無料配布(Black Duck Software)

  6. ルートゾーンKSKロールオーバーの「新KSKでの署名開始」を延期(JPRS)

  7. IoTとAIを組み込んだスマートマンション、そのサイバーセキュリティを探る(インヴァランス)

  8. ここが危ないインターネット クレジットカードの落とし穴

  9. 世界で発生した情報漏えい事件から、該当アカウントを調査するサービス(ソリトン)

  10. 顔認証システムの現状、顔写真を使った「なりすまし」も3Dデータ照合で防ぐ

全カテゴリランキング

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×