最新のJava Card 2.1.2仕様に準拠したICカードを開発、今夏商品化(凸版印刷) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.12.11(火)

最新のJava Card 2.1.2仕様に準拠したICカードを開発、今夏商品化(凸版印刷)

 凸版印刷株式会社は、Java言語によるプログラミングが可能な、マルチアプリケーション対応のICカード「SMARTICS-JV」を開発したと発表した。これ1枚で、決済、ポイント、認証など複数のアプリケーションを実現可能。最新のJava Card 2.1.2仕様に準拠したカードとしては

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
 凸版印刷株式会社は、Java言語によるプログラミングが可能な、マルチアプリケーション対応のICカード「SMARTICS-JV」を開発したと発表した。これ1枚で、決済、ポイント、認証など複数のアプリケーションを実現可能。最新のJava Card 2.1.2仕様に準拠したカードとしては国内初で、16bit CISCチップ採用により高いコストパフォーマンスを実現。また、完全社内開発のため、顧客の専用ソフト部分のROMアプレット化等フレキシブルな対応が可能となっている。2002年夏、PKI等の認証カード、キャッシュカード等の用途向けに商品化を予定。参考価格は1枚1,000円(100枚以上)。

http://www.toppan.co.jp/aboutus/release/article562.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊20年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×