最新のJava Card 2.1.2仕様に準拠したICカードを開発、今夏商品化(凸版印刷) | ScanNetSecurity
2021.06.24(木)

最新のJava Card 2.1.2仕様に準拠したICカードを開発、今夏商品化(凸版印刷)

 凸版印刷株式会社は、Java言語によるプログラミングが可能な、マルチアプリケーション対応のICカード「SMARTICS-JV」を開発したと発表した。これ1枚で、決済、ポイント、認証など複数のアプリケーションを実現可能。最新のJava Card 2.1.2仕様に準拠したカードとしては

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
 凸版印刷株式会社は、Java言語によるプログラミングが可能な、マルチアプリケーション対応のICカード「SMARTICS-JV」を開発したと発表した。これ1枚で、決済、ポイント、認証など複数のアプリケーションを実現可能。最新のJava Card 2.1.2仕様に準拠したカードとしては国内初で、16bit CISCチップ採用により高いコストパフォーマンスを実現。また、完全社内開発のため、顧客の専用ソフト部分のROMアプレット化等フレキシブルな対応が可能となっている。2002年夏、PKI等の認証カード、キャッシュカード等の用途向けに商品化を予定。参考価格は1枚1,000円(100枚以上)。

http://www.toppan.co.jp/aboutus/release/article562.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×