「Secure Site シール」情報提供サービスを再開(日本ベリサイン) | ScanNetSecurity
2021.06.21(月)

「Secure Site シール」情報提供サービスを再開(日本ベリサイン)

 日本ベリサイン株式会社は3月13日「Secure Site シール」情報提供サービスの再開と改善策を発表した。Secure Site シールはウェブサイトの「トラストマーク」として、ベリサインのサーバIDを購入したサイトに提供されているが、不法に複製および変更が可能であることが

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
 日本ベリサイン株式会社は3月13日「Secure Site シール」情報提供サービスの再開と改善策を発表した。Secure Site シールはウェブサイトの「トラストマーク」として、ベリサインのサーバIDを購入したサイトに提供されているが、不法に複製および変更が可能であることが指摘され、サービスを停止していた。今後数ヶ月間に、Secure Site シールに対して、日時情報のタイムスタンプを付加、ベリサインのサーバからホスティング、不正使用の監視、コードサイニング等による情報ページの完全性強化、などの対策を講じる。

http://www.verisign.co.jp/press/alert/security_announce20020313.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×