プログラムサイズを抑えたMULTOSカード用、Java Card用PKIアプレットと専用ドライバを新開発(大日本印刷) | ScanNetSecurity
2021.06.24(木)

プログラムサイズを抑えたMULTOSカード用、Java Card用PKIアプレットと専用ドライバを新開発(大日本印刷)

 大日本印刷株式会社は、プログラムサイズを抑えたMULTOSカード用、JavaCard用PKIアプレットと、これらと組み合わせて使用する専用PKIドライバ2種(CSPドライバ、PKCS#11ドライバ)を開発したと発表した。新開発したアプレットは、MULTOSカード用が約0.8KB、Java Card用

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
 大日本印刷株式会社は、プログラムサイズを抑えたMULTOSカード用、JavaCard用PKIアプレットと、これらと組み合わせて使用する専用PKIドライバ2種(CSPドライバ、PKCS#11ドライバ)を開発したと発表した。新開発したアプレットは、MULTOSカード用が約0.8KB、Java Card用が約2KBと従来に比べ非常にコンパクトなのが特徴で、これにより、SIベンダーが求めている安価なPKI専用カードの実現も可能となる。また従来は、カードの種類毎に各PKIドライバを準備する必要があったが、今回開発した両PKIアプレットはコマンドインターフェースが統一されており、専用ドライバで双方のPKIアプレットにアクセス可能となっている。価格は、PKIアプレットが10万枚発行時で1枚当たり約350円、ドライバは10,000ライセンスパッケージで、約9,000,000円(約900円/1ユーザ)とする予定。販売は平成14年7月の予定。

http://www.dnp.co.jp/jis/news/2002/20020305_1.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×