日本語件名の新種ウイルス「W32/Fbound.c@MM」の対応定義ファイルを公開(日本ネットワークアソシエイツ) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.05.25(金)

日本語件名の新種ウイルス「W32/Fbound.c@MM」の対応定義ファイルを公開(日本ネットワークアソシエイツ)

製品・サービス・業界動向 業界動向

 日本ネットワークアソシエイツ株式会社は本日3月14日、日本語件名を持つメール配信型の新種ウイルス「W32/Fbound.c@MM」に関する詳細を発表した。このウイルスは、「.jp」のメールアドレスの場合、サブジェクトが“重要なお知らせ”“お久しぶりです”などと日本語で届くのが特徴。メール本文の中は空で「patch.exe」というファイルが添付されている。現在、国内で繁殖を続けており、日本ネットワークアソシエイツでは注意を呼びかけている。また、同社では、すでに「W32/Fbound.c@MM」に対する緊急ウイルス定義ファイル「Extra.dat」を公開し、対応済みである。


ウイルス詳細:
http://www.nai.com/japan/virusinfo/virF.asp?v=W32/Fbound.c@MM

対応定義ファイルダウンロードページ:
http://www.nai.com/japan/download/dat_download.asp?type=dw4
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

人気過去記事

もっと見る

人気過去記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×