社内イントラでのセキュリティ情報共有の必要性増大 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.01.17(水)

社内イントラでのセキュリティ情報共有の必要性増大

製品・サービス・業界動向 業界動向

 ここ数ヶ月のセキュリティインシデント急増により、社内イントラネットでのセキュリティ情報の共有の必要性が増大している。
 セキュリティインシデントの発生には、企業のシステム担当、広報担当、セールス担当、カスタマーセンター担当などさまざまな部署が情報を共有し、対処してゆく必要がある。

 また、最近のインシデントの特徴として、直接自社に起こったインシデントでなくとも顧客、取引先から問合せがあるため、企業として知っておかねばならないものがふえていることがあげられる。

 例えば、先週から問題になっている日本ベリサイン社の「Secure Site シール」サービスが停止している問題では、自社のサイトの信頼度向上にためにシールを掲載している企業 web にも少なからず影響がでている。利用者がチェックしようとしてクリックした時にサービス停止中の表示がでるのである。当然、利用者からの問合せなどが予想される。

日本ベリサイン度重なるサービス停止 解決されない問題点!?(2002.3.11)
https://www.netsecurity.ne.jp/article/1/4287.html

 こうした問題への対処には、セキュリティ情報を社内で共有し、自社に影響ある場合には、早期に発見し、対処を考える必要がある。

社内イントラネット向けセキュリティ情報共有サービス
https://shop.vagabond.co.jp/cgi-bin/mm/p.cgi?pressy_webc
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×