新たにLDAPディレクトリサービスに対応した「GetAccess4.6J」を発売(エントラストジャパン) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.06.22(金)

新たにLDAPディレクトリサービスに対応した「GetAccess4.6J」を発売(エントラストジャパン)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

 エントラストジャパン株式会社は、GetAccessの最新バージョンである「Entrust GetAccess4.6J」の出荷を開始した。最新版4.6は、安定性とパフォーマンスを改善するためにすべてのコンポーネントが刷新されており、また、「GetAccess」によってユーザや保護リソースの情報を登録するレポジトリとして従来対応していたRDBMSに加え、iPlanet Directory ServerやNovellNDS eDirectory等のLDAP対応のディレクトリサービスにも新たに対応した。また、サーバプログラムには分散オブジェクト技術の世界標準であるCOBRAを採用。多重化を容易に行うことが可能となっている。価格は1,000ユーザで590万円から。

http://www.entrust.co.jp/news/020228.htm
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×