新たにLDAPディレクトリサービスに対応した「GetAccess4.6J」を発売(エントラストジャパン) | ScanNetSecurity
2021.06.21(月)

新たにLDAPディレクトリサービスに対応した「GetAccess4.6J」を発売(エントラストジャパン)

 エントラストジャパン株式会社は、GetAccessの最新バージョンである「Entrust GetAccess4.6J」の出荷を開始した。最新版4.6は、安定性とパフォーマンスを改善するためにすべてのコンポーネントが刷新されており、また、「GetAccess」によってユーザや保護リソースの情

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
 エントラストジャパン株式会社は、GetAccessの最新バージョンである「Entrust GetAccess4.6J」の出荷を開始した。最新版4.6は、安定性とパフォーマンスを改善するためにすべてのコンポーネントが刷新されており、また、「GetAccess」によってユーザや保護リソースの情報を登録するレポジトリとして従来対応していたRDBMSに加え、iPlanet Directory ServerやNovellNDS eDirectory等のLDAP対応のディレクトリサービスにも新たに対応した。また、サーバプログラムには分散オブジェクト技術の世界標準であるCOBRAを採用。多重化を容易に行うことが可能となっている。価格は1,000ユーザで590万円から。

http://www.entrust.co.jp/news/020228.htm
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×