MULTOSカードとJava Card双方に対応したPKIアプレットとドライバを開発(大日本印刷) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.08.17(金)

MULTOSカードとJava Card双方に対応したPKIアプレットとドライバを開発(大日本印刷)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

 大日本印刷株式会社は3月1日、MULTOSカードとJava Cardに搭載可能なサイズのPKIアプレットと、それをアプリケーションから利用するための専用PKIドライバを開発したと発表した。MULTOSカード用PKIアプレットは約0.8KB、JavaCardTM用は約2KBのプログラムサイズを実現した。コマンドインターフェースを統一することにより、ひとつのPKIドライバから双方にアクセス可能となっている。PKIドライバの価格は、10,000ライセンスパッケージで、約900万円(1ユーザ当たり約900円)、MULTOSカード用PKIアプレットとJava CardTM用PKIアプレットの価格は10万枚発行時で1枚当たり約350円、平成14年7月からの販売を予定している。

http://www.dnp.co.jp/jis/news/2002/20020305_1.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×