全国4都市で組織内不正・違法コピーに関する広告キャンペーンを展開(米BSA) | ScanNetSecurity
2021.06.18(金)

全国4都市で組織内不正・違法コピーに関する広告キャンペーンを展開(米BSA)

 非営利団体の米Business Software Alliance(BSA)は、全国4都市(東京、名古屋、大阪、福岡)において、組織内違法コピーに関する情報収集の強化を目的としたプロモーション・キャンペーンを開始した。キャンペーン期間は3月1日からの1ヶ月間。人事異動やコンピュータ

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
 非営利団体の米Business Software Alliance(BSA)は、全国4都市(東京、名古屋、大阪、福岡)において、組織内違法コピーに関する情報収集の強化を目的としたプロモーション・キャンペーンを開始した。キャンペーン期間は3月1日からの1ヶ月間。人事異動やコンピュータの入れ替えが比較的多いこの時期に、企業や組織が集中する主要都市の交通機関で広告キャンペーンを展開することで、不正コピーへの注意を喚起するとともに、組織内違法コピーの情報提供を呼びかける。また同団体は、電話と電子メールで受け付けていた情報提供を、BSAのWebサイト経由でも受け付けられるようにする。

http://www.bsa.or.jp/news/2002/020226.htm
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×