認証サービスをエネルギー省に提供、大統領への電子署名勧告が可能に(米VeriSign) | ScanNetSecurity
2021.06.24(木)

認証サービスをエネルギー省に提供、大統領への電子署名勧告が可能に(米VeriSign)

 米VeriSign社は2月28日、認証サービスをエネルギー省に提供すると発表した。このサービスにより、放射性廃棄物の保管問題について、エネルギー省長官のスペンサー・エイブラハム氏がブッシュ大統領への公式勧告に電子署名を施すことが可能となる。公式勧告への電子署名

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
 米VeriSign社は2月28日、認証サービスをエネルギー省に提供すると発表した。このサービスにより、放射性廃棄物の保管問題について、エネルギー省長官のスペンサー・エイブラハム氏がブッシュ大統領への公式勧告に電子署名を施すことが可能となる。公式勧告への電子署名は、2000年10月の「ElectronicSignatures in Global and National Commerce Act(E-SIGN)(電子署名に法的効力を与える連邦法案)」によって可能となった。これにより、9,500ページの文書が作成者に許可なく改ざんされることを完全に防止でき、コピー、処理、保管に関する費用を80〜100万ドル節約できると予測している。

http://www.verisign.co.jp/press/2002/pr197_energydept.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×