Webベースの帳票にデジタル署名を可能にする「RSA Keon e-Sign」を発表(米RSA Security) | ScanNetSecurity
2023.01.30(月)

Webベースの帳票にデジタル署名を可能にする「RSA Keon e-Sign」を発表(米RSA Security)

 米RSA Security社は、Webベースの帳票にデジタル署名することにより、信頼性および安全性の高いエンド・ツー・エンドの電子処理を実現する「RSA Keon e-Sign 1.0」を発表した。同製品は、Webブラウザのプラグインとして使用でき、Webベースの帳票にデジタル署名を適用

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
 米RSA Security社は、Webベースの帳票にデジタル署名することにより、信頼性および安全性の高いエンド・ツー・エンドの電子処理を実現する「RSA Keon e-Sign 1.0」を発表した。同製品は、Webブラウザのプラグインとして使用でき、Webベースの帳票にデジタル署名を適用できるもの。E-SIGN、HIPAA、21 CFR Part #11、GPEA、電子署名に関するEUディレクティブなど、電子署名に関する各種の法規的な要件に対応可能で、利用者はリアルタイムで状態をチェックして、デジタル署名や証明書が有効かどうかを判定することができる。

http://www.rsasecurity.com/japan/news/data/200202195.html

<本記事はセキュリティニュースからの転載です>
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×