Webベースの帳票にデジタル署名を可能にする「RSA Keon e-Sign」を発表(米RSA Security) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.06.25(月)

Webベースの帳票にデジタル署名を可能にする「RSA Keon e-Sign」を発表(米RSA Security)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

 米RSA Security社は、Webベースの帳票にデジタル署名することにより、信頼性および安全性の高いエンド・ツー・エンドの電子処理を実現する「RSA Keon e-Sign 1.0」を発表した。同製品は、Webブラウザのプラグインとして使用でき、Webベースの帳票にデジタル署名を適用できるもの。E-SIGN、HIPAA、21 CFR Part #11、GPEA、電子署名に関するEUディレクティブなど、電子署名に関する各種の法規的な要件に対応可能で、利用者はリアルタイムで状態をチェックして、デジタル署名や証明書が有効かどうかを判定することができる。

http://www.rsasecurity.com/japan/news/data/200202195.html

<本記事はセキュリティニュースからの転載です>
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×