小型指紋センサデバイスを開発、認証ソフトウエア開発キットと共に提供(富士通) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.06.26(火)

小型指紋センサデバイスを開発、認証ソフトウエア開発キットと共に提供(富士通)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

 富士通株式会社は、2月27日、携帯電話などのモバイル機器向けに小型化を実現した指紋センサデバイス「MBF300」を開発し、認証ソフトウェア開発キットを含む指紋センサソリューション「Fsense TM (エフセンス)」として2月末より販売活動を開始、4月よりサンプル出荷すると発表した。静電容量方式では世界で初めて、センサ面を指でなぞるスウィープ型を採用し、自社の面型センサデバイスに比べて実装面積で1/10以下を実現した。「MBF300」のサンプル価格は4,000円で販売目標は400万個/月。

http://pr.fujitsu.com/jp/news/2002/02/27.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×