SNMPサービスの脆弱性に対する修正プログラムを提供(マイクロソフト) | ScanNetSecurity
2021.10.18(月)

SNMPサービスの脆弱性に対する修正プログラムを提供(マイクロソフト)

 マイクロソフト株式会社は2月16日、SNMP サービスに含まれる未チェックのバッファにより、任意のコードが実行される脆弱性について、Windows 2000 および Windows XP 向けの修正プログラムを公開した。この脆弱性では、SNMPサービスを実行しているシステムに不正な管理

製品・サービス・業界動向 業界動向
 マイクロソフト株式会社は2月16日、SNMP サービスに含まれる未チェックのバッファにより、任意のコードが実行される脆弱性について、Windows 2000 および Windows XP 向けの修正プログラムを公開した。この脆弱性では、SNMPサービスを実行しているシステムに不正な管理リクエストを送信することにより、攻撃者にサービス拒否または任意のコードの実行を許す可能性がある。SNMPは、Windows MEを除く、Windowsのすべてのバージョンで実装されているが、既定ではインストール、および実行されない。そのほかのプラットフォーム用の修正プログラムは近日中に入手可能となる予定。

http://www.microsoft.com/japan/technet/security/current.asp?url=/japan/technet/security/frame_prekb.asp?sec_cd=MS02-006
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/8~11/30迄 創刊23周年記念価格提供中★★
★★10/8~11/30迄 創刊23周年記念価格提供中★★

2021年10月8日(金)~11月30日(火) の間 ScanNetSecurity 創刊23周年記念価格で提供。

×