InternetExplorerで無効設定にもかかわらず、スクリプトが自動で実行されてしまう問題が発覚 | ScanNetSecurity
2021.10.24(日)

InternetExplorerで無効設定にもかかわらず、スクリプトが自動で実行されてしまう問題が発覚

 セキュリティソフトを開発するGFIは、マイクロソフトのInternetExplorer5でスクリプトの実行を無効にしていても、マクロを利用することで設定に関係なくスクリプトが実行されてしまうという問題を発見した。  この問題は、これまでNimdaやBadTrans.bなどで利用された

製品・サービス・業界動向 業界動向
 セキュリティソフトを開発するGFIは、マイクロソフトのInternetExplorer5でスクリプトの実行を無効にしていても、マクロを利用することで設定に関係なくスクリプトが実行されてしまうという問題を発見した。
 この問題は、これまでNimdaやBadTrans.bなどで利用されたHTML内に含まれるスクリプトに起因する問題ではなく、VBAを利用したマクロによるもの。Multipart HTMLやHTMLメール内にVBAを埋め込むことで、何の警告も無しに任意のコードを実行できてしまう。

 この問題に関して、GFIではマイクロソフトに対し脆弱性を報告。その後、マイクロソフトでは、他の5つの脆弱性を含めた累積パッチを11日に公開している。今回の累積パッチでは、危険性の高い問題が修正されているので、早急にパッチを導入すべきである。


GFIによるリリース
SECURITY FLAW DISCOVERED IN INTERNET EXPLORER AND ACCESS:
Allows macros to be executed automatically
http://www.gfi.com/press/mesaoexploit.htm


□ 関連情報

Microsoft Security Bulletin
MS02-005 11 February 2002 Cumulative Patch for Internet Explorer
(累積パッチに関する情報)
http://www.microsoft.com/technet/treeview/default.asp?url=/technet/security/bulletin/ms02-005.asp

MS02-005 : 2002年2月11日 Internet Explorer 用の累積的な修正プログ
ラムに関する要約(詳細ページは現在準備中)
http://www.microsoft.com/japan/technet/treeview/default.asp?url=/japan/technet/security/bulletin/MS02-005ov.asp

IPA、2002年2月11日 Internet Explorer用の累積的な修正プログラム
(MS02-005) について掲載
http://www.ipa.go.jp/security/news/news.html

(詳しくはScan Daily EXpressおよびScan 本誌をご覧下さい)
http://vagabond.co.jp/vv/m-sdex.htm
http://vagabond.co.jp/vv/m-sc.htm

《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/8~11/30迄 創刊23周年記念価格提供中★★
★★10/8~11/30迄 創刊23周年記念価格提供中★★

2021年10月8日(金)~11月30日(火) の間 ScanNetSecurity 創刊23周年記念価格で提供。

×