MSN Messengerがハッキングされる問題が発覚 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.02.19(月)

MSN Messengerがハッキングされる問題が発覚

製品・サービス・業界動向 業界動向

 先日、MSN Messengerに、個人情報漏えいの可能性持つ脆弱性が発見された件を報じたが、あらたにMSN Messengerがハッキングされる問題が発見された。
 対象となるのは、

・Windows 98 SE with IE6 final (fully patched as of Feb 9) and MSN
 Messenger 4.6.0073
・Windows 98 SE with IE6 final and MSN Messenger 3.6.0024
・Windows ME with IE6 final (fully patched as of Feb 9) and MSN
 Messenger 4.5.0127
・Windows 2000 with IE6 final (fully patched as of Feb 9) and MSN
 Messenger 4.6.0071
・Windows 2000, IE5.5, MSN Messenger 4.6.00.73
・Windows XP Pro, IE6 final (fully patched as of Feb 9), Windows
 Messenger 4.6.0073 and 4.0.0155

となっており、悪意のあるユーザーが自動的にコンタクトリストを取得できるだけでなく、任意のメッセージの送信や、電子メールやローカルファイルを送る際に、そのユーザーに扮することが可能になる。
 なお、この問題はInternet Explorer の最新パッチで対応している。

MSN Messenger Hijacking
http://tom.me.uk/msn/

Microsoft Security Bulletin MS02-005
11 February 2002 Cumulative Patch for Internet Explorer
http://www.microsoft.com/technet/treeview/default.asp?url=/technet/security/bulletin/ms02-005.asp

《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×