ソフトウェア・プロテクション・システム「Hasp4」がクロスプラットフォームに対応(アラジンジャパン) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.04.21(土)

ソフトウェア・プロテクション・システム「Hasp4」がクロスプラットフォームに対応(アラジンジャパン)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

 株式会社アラジンジャパンは、ソフトウェアの違法コピーを防止するソフトウェア・プロテクション・システム「Hasp(ハスプ)ファミリー」に、Windows、Linux、Macの複数OSに対応するクロスプラットフォームソリューションを追加した。同ソリューションは、たった1つのUSBキーによって、Windows 95/98/Me/2000/XP、各種Linux(Kernel 2.2.x、2.4.x)、Mac OS(8.6、9x、X)用のいずれのソフトウェアをも保護することが可能なもの。さらに、WindowsとMac OSが混在するネットワーク上で稼動するソフトウェアの管理・制御や期間を限定してソフトウェア・ライセンスを提供する形態にも対応している。

http://www.aladdin.co.jp/news/index_n_20020130.html

《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×