Black ICE Defenderに脆弱性が発見 | ScanNetSecurity
2021.10.24(日)

Black ICE Defenderに脆弱性が発見

 Windows用のBlack ICE Defenderに、きわめて単純なPingを大量に送信することにより、サービスをクラッシュさせることが出来る問題が発見された。この問題は、現行バージョンである2.9が対象となっており、約10,000バイトにパケット・サイズをセットしたPingを送信する

製品・サービス・業界動向 業界動向
 Windows用のBlack ICE Defenderに、きわめて単純なPingを大量に送信することにより、サービスをクラッシュさせることが出来る問題が発見された。この問題は、現行バージョンである2.9が対象となっており、約10,000バイトにパケット・サイズをセットしたPingを送信することで、ブルースクリーンを引き起こすことが可能となっている。
 現在、最新パッチと2.9.caqがリリースされているが、この問題に関して修正はされておらず、今後のバージョンアップにより修正されるとのことだ。

SecurePoint
BUGTRAQ Vulnerability in Black ICE Defender
http://msgs.securepoint.com/cgi-bin/get/bugtraq0202/25.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/8~11/30迄 創刊23周年記念価格提供中★★
★★10/8~11/30迄 創刊23周年記念価格提供中★★

2021年10月8日(金)~11月30日(火) の間 ScanNetSecurity 創刊23周年記念価格で提供。

×