Black ICE Defenderに脆弱性が発見 | ScanNetSecurity
2023.01.29(日)

Black ICE Defenderに脆弱性が発見

 Windows用のBlack ICE Defenderに、きわめて単純なPingを大量に送信することにより、サービスをクラッシュさせることが出来る問題が発見された。この問題は、現行バージョンである2.9が対象となっており、約10,000バイトにパケット・サイズをセットしたPingを送信する

製品・サービス・業界動向 業界動向
 Windows用のBlack ICE Defenderに、きわめて単純なPingを大量に送信することにより、サービスをクラッシュさせることが出来る問題が発見された。この問題は、現行バージョンである2.9が対象となっており、約10,000バイトにパケット・サイズをセットしたPingを送信することで、ブルースクリーンを引き起こすことが可能となっている。
 現在、最新パッチと2.9.caqがリリースされているが、この問題に関して修正はされておらず、今後のバージョンアップにより修正されるとのことだ。

SecurePoint
BUGTRAQ Vulnerability in Black ICE Defender
http://msgs.securepoint.com/cgi-bin/get/bugtraq0202/25.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×