Black ICE Defenderに脆弱性が発見 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.01.22(月)

Black ICE Defenderに脆弱性が発見

製品・サービス・業界動向 業界動向

 Windows用のBlack ICE Defenderに、きわめて単純なPingを大量に送信することにより、サービスをクラッシュさせることが出来る問題が発見された。この問題は、現行バージョンである2.9が対象となっており、約10,000バイトにパケット・サイズをセットしたPingを送信することで、ブルースクリーンを引き起こすことが可能となっている。
 現在、最新パッチと2.9.caqがリリースされているが、この問題に関して修正はされておらず、今後のバージョンアップにより修正されるとのことだ。

SecurePoint
BUGTRAQ Vulnerability in Black ICE Defender
http://msgs.securepoint.com/cgi-bin/get/bugtraq0202/25.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×