バックドア型トロイの木馬ウイルスの接頭語を“BKDR”に変更(トレンドマイクロ) | ScanNetSecurity
2021.07.29(木)

バックドア型トロイの木馬ウイルスの接頭語を“BKDR”に変更(トレンドマイクロ)

 トレンドマイクロ株式会社は1月29日より、バックドア型ハッキングツール機能を持つトロイの木馬ウイルスの接頭語を“TROJ”から“BKDR”に変更すると発表した。この変更に対する同社製品への対応は、1月29日19時以降のパターンファイル214更新時からとなる。  今回、

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
 トレンドマイクロ株式会社は1月29日より、バックドア型ハッキングツール機能を持つトロイの木馬ウイルスの接頭語を“TROJ”から“BKDR”に変更すると発表した。この変更に対する同社製品への対応は、1月29日19時以降のパターンファイル214更新時からとなる。
 今回、対象となるウイルスは約2,695個。この名称変更により、利用者がウイルス名を見ただけで悪質なプログラムであると判断し、これら感染力の強い複合型ウイルスへの感染被害を未然に防ぐための迅速な対応が可能となるとしている。

http://www.trendmicro.co.jp/virusinfo/news2002/bkdr.asp
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×