2001年のウイルストップ10を発表、上位ウイルスの90%以上が増殖手段としてEメールを使用(米CA) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.09.23(日)

2001年のウイルストップ10を発表、上位ウイルスの90%以上が増殖手段としてEメールを使用(米CA)

 米コンピュータ・アソシエイツ(CA)は、2001年のウイルストップ10を発表した。リストは、同社のeTrustグローバル・アンチウイルス・リサーチ・センターがまとめたもので、1位はWin32.Badtrans.B、2位はWin32.Sircam.137216、3位がWin32.Magistrの順となっており、200

製品・サービス・業界動向 業界動向
 米コンピュータ・アソシエイツ(CA)は、2001年のウイルストップ10を発表した。リストは、同社のeTrustグローバル・アンチウイルス・リサーチ・センターがまとめたもので、1位はWin32.Badtrans.B、2位はWin32.Sircam.137216、3位がWin32.Magistrの順となっており、2001年の上位ウイルスの90%以上が、おもな増殖手段としてEメールを使用していると指摘している。同社では、2002年はこの脅威がさらに複雑になると警告しており、各自が不審なメールは開かないなどの基本的な予防措置を怠らないよう薦めている。

http://www.caj.co.jp/press/2002/01/virus_top10.htm
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×