spamメール問題への対応としての省令を公布(経済産業省) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.06.24(日)

spamメール問題への対応としての省令を公布(経済産業省)

製品・サービス・業界動向 業界動向

 経済産業省は1月10日、電子メールによる一方的な商業広告の送りつけ(spamメール)問題への対応として「特定商取引に関する法律施行規則の一部を改正する省令」を公布した。施行は2月1日からとなっている。
 今回の改正により、spam送信側は新たな表示義務を負うこととなった。義務づけられている表示項目は次の3項目。

正しいメールアドレス(送信側)
件名欄の最初への「!広告!」の文字
spam拒否の連絡方法を掲載してない場合は「!連絡方法無!」の文字

 同省ではこれらの表示義務により、消費者は読まずに削除したり自動削除の設定にするなどの対応が可能になるとしている。なお、表示義務に違反した場合は行政処分の対象となり、違反を繰り返した場合は罰則の適用とうけることになる。

http://www.meti.go.jp/kohosys/press/0002285/


《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×