2001年12月「トップ10ウイルス」発表(ソフォス) | ScanNetSecurity
2021.08.05(木)

2001年12月「トップ10ウイルス」発表(ソフォス)

 ソフォス株式会社は、2001年12月におけるコンピュータ・ウイルスの報告数をまとめた「トップ10ウイルス」を発表した。同レポートによると、12月の第1位は「W32/Badtrans-B」であり、第2位に「W32/Goner-A」、第3位に「W32/Magistr-B」と続いている。1位の「W32/Badtra

製品・サービス・業界動向 業界動向
 ソフォス株式会社は、2001年12月におけるコンピュータ・ウイルスの報告数をまとめた「トップ10ウイルス」を発表した。同レポートによると、12月の第1位は「W32/Badtrans-B」であり、第2位に「W32/Goner-A」、第3位に「W32/Magistr-B」と続いている。1位の「W32/Badtrans-B」は、報告されたウイルスの9割を占めている。ソフォスでは、12月中に1,256種の新種ウイルスを検出し、駆除対応を行った。また、同社は現在までに71,192種のウイルス検知・駆除対応を済ませている。

http://www.sophos.co.jp/pressoffice/pressrel/20020102topten.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×