2001年12月及び年間ウイルス被害ランキング発表(シマンテック) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.09.24(月)

2001年12月及び年間ウイルス被害ランキング発表(シマンテック)

 株式会社シマンテックは、Symantec Security Response に寄せられた2001年12月の月間ウイルス被害ランキング、及び2001年1月から12月までの年間ウイルス被害ランキングを発表した。  同レポートによると、国内・全世界ともに12月の月間ウイルス被害第1位は「 W32.Bad

製品・サービス・業界動向 業界動向
 株式会社シマンテックは、Symantec Security Response に寄せられた2001年12月の月間ウイルス被害ランキング、及び2001年1月から12月までの年間ウイルス被害ランキングを発表した。
 同レポートによると、国内・全世界ともに12月の月間ウイルス被害第1位は「W32.Badtrans.B@mm」であり、国内では2,351件、全世界では29,695件の被害が報告されている。同ワームは前月も1位に挙がった。また、同ワームは国内における年間ウイルス被害第1位にも挙がっている。全世界では「W95.Hybris.Worm」が年間の第1位である。シマンテックでは、全世界における年間ウイルス被害第8位のNimda、第9位のCodeRedに代表される複合型ウイルスが、ブロードバンド環境を狙って今後被害を拡大していくと考察している。同社は、12月中に98種の新種ウイルスを発見、現在までに通算58,391種のウイルス定義ファイルを提供している。

http://www.symantec.co.jp/region/jp/news/year02/020110.html

《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×