2001年12月及び年間ウイルス被害ランキング発表(シマンテック) | ScanNetSecurity
2021.08.04(水)

2001年12月及び年間ウイルス被害ランキング発表(シマンテック)

 株式会社シマンテックは、Symantec Security Response に寄せられた2001年12月の月間ウイルス被害ランキング、及び2001年1月から12月までの年間ウイルス被害ランキングを発表した。  同レポートによると、国内・全世界ともに12月の月間ウイルス被害第1位は「 W32.Bad

製品・サービス・業界動向 業界動向
 株式会社シマンテックは、Symantec Security Response に寄せられた2001年12月の月間ウイルス被害ランキング、及び2001年1月から12月までの年間ウイルス被害ランキングを発表した。
 同レポートによると、国内・全世界ともに12月の月間ウイルス被害第1位は「W32.Badtrans.B@mm」であり、国内では2,351件、全世界では29,695件の被害が報告されている。同ワームは前月も1位に挙がった。また、同ワームは国内における年間ウイルス被害第1位にも挙がっている。全世界では「W95.Hybris.Worm」が年間の第1位である。シマンテックでは、全世界における年間ウイルス被害第8位のNimda、第9位のCodeRedに代表される複合型ウイルスが、ブロードバンド環境を狙って今後被害を拡大していくと考察している。同社は、12月中に98種の新種ウイルスを発見、現在までに通算58,391種のウイルス定義ファイルを提供している。

http://www.symantec.co.jp/region/jp/news/year02/020110.html

《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×