ウイルス届出急増 年末緊急警報(情報処理振興事業協会) | ScanNetSecurity
2020.06.07(日)

ウイルス届出急増 年末緊急警報(情報処理振興事業協会)

 情報処理振興事業協会(IPA)は、クリスマス時期という時節柄、ウイルス感染被害が広まる恐れから緊急警報を発している。報告書によると、12月1日から14日までの届出件数は、2,155件と月間で3,000件を越える過去最悪の件数になる見込みとされている。  特にこのクリス

製品・サービス・業界動向 業界動向
 情報処理振興事業協会(IPA)は、クリスマス時期という時節柄、ウイルス感染被害が広まる恐れから緊急警報を発している。報告書によると、12月1日から14日までの届出件数は、2,155件と月間で3,000件を越える過去最悪の件数になる見込みとされている。
 特にこのクリスマス時期は、添付ファイル付メールのやり取りが多く、それらの中に紛れ込んでいたウイルス付きメールをうっかり開いて感染被害に遭う可能性が極めて高いと指摘している。また、時候の挨拶に見せかけた新種のウイルスが出現する可能性もあるため、年末年始時期に送られてくるメールの添付ファイルには、特に注意を呼びかけている。

http://www.ipa.go.jp/security/topics/alert131218.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

編集長就任10周年記念「宣ベロキャンペーン」中!
編集長就任10周年記念「宣ベロキャンペーン」中!

Scan PREMIUM が半額! こんな時期だからこそセキュリティの未来を考えるオンライン飲み会を開催

×