Exchange 5.5 ServerのOutlook Web Access(OWA)の脆弱性を修正する日本語プログラムをリリース(マイクロソフト) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.01.18(木)

Exchange 5.5 ServerのOutlook Web Access(OWA)の脆弱性を修正する日本語プログラムをリリース(マイクロソフト)

製品・サービス・業界動向 業界動向

 マイクロソフト株式会社は、Exchange 5.5 ServerのOutlook Web Access(OWA)の脆弱性を修正する日本語プログラムをリリースした。この問題は、OWA がInternet Explorerと連携してメッセージのインラインスクリプトを処理する方法に問題があるため、特別な形式のスクリプトを含むHTMLメッセージがOWAで開かれた場合、メッセージが開かれる際にそのスクリプトが実行されるというもの。これにより、ユーザのExchangeメールボックスに対し、メッセージの送信、移動、削除といったユーザ自身が実行できるすべての操作を実行することが可能となってしまう。なお、この修正プログラムをインストールするには、OWAサーバにIE 5.0またはそれ以降のバージョンがインストールされている必要がある。

http://www.microsoft.com/japan/technet/security/current.asp?url=/japan/technet/security/frame_prekb.asp?sec_cd=MS01-057

《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×