アップルのメールサーバーでも不正中継が可能になる | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.04.24(火)

アップルのメールサーバーでも不正中継が可能になる

製品・サービス・業界動向 業界動向

 アップルのアジア支社が使用しているメールサーバーでも、メールの不正中継が可能になるという問題が発見された。不正中継可能なメールサーバー情報を提供しているORBZ(Open Relay Blackhole Zones)には、11月20日の時点でこのサーバーが登録されているが、アップル側ではこの問題に関する対処を何ら施していない。問題のあるメールサーバーは「asia.apple.com」の物で、メールのリレーが可能になっているのが確認されている。
 12月6日11時現在でも、この問題に関してアップルWebサイトには、何ら情報が掲載されていない。

ORBZのWebサイト
http://www.orbz.org/

□ 関連情報

法務省アドレスの不審メール 不正中継DBに登録されていた法務省サーバ
(2001.11.7)
https://www.netsecurity.ne.jp/article/1/3209.html

web では告知なし法務省 不審メールは内部の事故の可能性大
(2001.11.8)
https://www.netsecurity.ne.jp/article/1/3216.html

不正中継を続ける法務省のメールサーバ スパムメールの温床になる危険性
(2001.11.14)
https://www.netsecurity.ne.jp/article/1/3276.html

やはり悪用されていた法務省メールサーバー
(2001.11.16)
https://www.netsecurity.ne.jp/article/1/3326.html


(詳しくはScan Daily EXpress本誌をご覧下さい)
http://vagabond.co.jp/vv/m-sdex.htm

《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×