J-WAVE「GROOVE LINE」がウェブ上にて「お詫び」を掲載 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.01.21(日)

J-WAVE「GROOVE LINE」がウェブ上にて「お詫び」を掲載

製品・サービス・業界動向 業界動向

 先日、リスナーとのメールのやりとりに使用しているマシンが、ウイルスに感染したとして、番組中にリスナーに対し注意するように告知していたJ-WAVE「GROOVE LINE」が、Webサイト上にお詫び文を掲載した。同番組では、感染の翌日にも番組中で、リスナーに注意を促している。
 しかし、掲載されている文章には、感染したウイルスが何であるか、感染した場合の対処方法などが掲載されていない。すでに多くの人間がウイルスメールを受信していることから、ウイルスの情報や対処方法などを掲載するのは、最低限の事後処理である。同番組は被害を出してしまったものの責任として、早急にこれらの情報の公開が望まれる。

http://www.j-wave.co.jp/original/grooveline2/


(詳しくはScan Daily EXpress本誌をご覧下さい)
http://vagabond.co.jp/vv/m-sdex.htm

《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×