ラジオ局のJ-WAVEが、リスナーにウイルスメールを送信 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.01.20(土)

ラジオ局のJ-WAVEが、リスナーにウイルスメールを送信

製品・サービス・業界動向 業界動向

 12月3日のFMラジオ局J-WAVEが放送している「GROOVE LINE」という番組中で、リスナーに対しウイルスメールを送信してしまったという報告がされた。同番組ではリスナーとメールをやりとりをしており、メールを受信していたマシンの感染が原因と見られる。その後もリアルタイムでこの問題に対する報告を行っていたが、対策方法などを具体的に示さないままになっていた。

 特にメールのプレビューは大丈夫であり、添付ファイルだけは開かないように伝えている点は、非常に危険である。先日より被害を拡大している「Aliz」や「BadTrance.B」などは、メールのプレビューを行っただけで感染するものだ。ウイルス名が明らかにされないまま、このような報告を行うとは、担当者の意識の低さを疑わざるを得ない。

 また、不特定多数の人間とメールをやりとりするマシンに、アンチウイルスソフトが導入されていない、もしくは導入していてもアップデートが行われていないこと。さらに同社及び同番組のWebサイト上にも、今回の件に関してお詫び文などが掲載されていないなど、事前/事後対策の甘さが露呈している。

J-WAVEのWebサイト
http://www.j-wave.co.jp/
GROOVE LINEの番組Webサイト
http://www.j-wave.co.jp/original/grooveline2/


(詳しくはScan Daily EXpress本誌をご覧下さい)
http://vagabond.co.jp/vv/m-sdex.htm

《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×