R-MSX サイトだった島さとし議員のサイト | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.10.21(日)

R-MSX サイトだった島さとし議員のサイト

 利用者を危険にさらすサイトとして問題になっている R-MS サイトであるが、「サイバーテロ(?)」事件で話題となった島さとし議員のサイトが R-MSX サイトであることがわかった。

製品・サービス・業界動向 業界動向
 利用者を危険にさらすサイトとして問題になっている R-MS サイトであるが、「サイバーテロ(?)」事件で話題となった島さとし議員のサイトが R-MSX サイトであることがわかった。

同議員のサイト
http://www.ss-project.com/
サイバーテロに狙われた(?)
http://www.ss-project.com/it/kodomo07.html

 R-MS サイトは、理由者に、なんの告知もなく、スクリプトの利用を強要するサイトである。R-MSX サイトは、R-MS サイトの中でも、過去に改竄や侵入などの事件のあったサイトを示している。つまり、利用者から見た場合、アクセスした際に、危険なコードがクラッカーによって埋め込まれている可能性があるにも関わらず、スクリプトをオンにするように強要するという危険なサイトということになる。

R-MS サイトの詳細な説明は下記
https://www.netsecurity.ne.jp/article/1/3269.html
https://www.netsecurity.ne.jp/article/1/3436.html

 議員自身が、これからも「サイバーテロ」に襲われる可能性があると同サイトで書いていることを考えると、 自身のサイトをR-MSX サイトの状態のまま放置しておくことはきわめて好ましくない事態といえよう。
 いつクラッカーの攻撃を受けて危険なコードを埋め込まれるかも知れないサイトはアクセスすること事態危険だというのに、スクリプトをオンにした状態でないと正常に利用できないことになっているのである。被害を受けるのが怖い人間はアクセスするな、といっているようなものである。

 同サイトの記述を見る限りでは、議員は、サイバーテロ対策や電子投票法などについて積極的に活動なさっている方のようである。十分な知識をもったスタッフをそろえるなり、アドバイスを受けるなりして、安全なサイト構築することが望まれる。


《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割10月末迄。現在通常料金半額以下!!
<b>(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割<font color=10月末迄。現在通常料金半額以下!!">

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません

×