Cookieをブロックしても、既存の物が読みとれてしまう問題は仕様 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.23(月)

Cookieをブロックしても、既存の物が読みとれてしまう問題は仕様

製品・サービス・業界動向 業界動向

 Internet Explorerのバージョン6で、Cookieをブロックする設定にしても、すでに保存されているCookieを読みとれるという問題があるが、マイクロソフトはIE6の仕様であるという情報を公開した。

 この問題は、ブロックされるCookieが、新たに作成される物のみが対象になっているためで、すでにキャッシュフォルダに作成されているCookieの情報は対象になっていない事に起因する。つまり、プライバシー保護の設定をするより前に、訪れたサイトが作成したCookieは、設定後も利用されてしまうのだ。仮にCookieに個人情報が保存されていた場合、何らかの方法で引き出されてしまう可能性も残っていると言える。

 プライバシー保護をうたい文句としているIE6ではあるが、マイクロソフト側の「仕様」という一言で片づけられるほど、今回の問題は甘くないだろう。対処方法はWebサイトに公開されているが、この問題を根本的に解決する手段は現在のところ公開されていない。

http://www.microsoft.com/japan/support/kb/articles/JP298/7/80.asp
http://support.microsoft.com/support/kb/articles/Q298/7/80.ASP

《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×